EVO2018の『ドラゴンボールファイターズ』参加人数に驚愕!熱かった試合のハイライトと結果

DBF コラム

皆さんどーも!こんにちは!『ドラゴンボールファイターズ』やってますか?

筆者は絶賛プレイ中です!

今回はすごくアツい試合が多かったEVO(Evolution Championship Series)2018について
書いていこうと思います!

驚愕の参加人数

驚愕
今回のEVO2018の『ドラゴンボールファイターズ』の参加人数は、
なんとストVを超える驚異の2572人!
すごい数のZ戦士ですね!

どれだけこのゲームに注目が集まっていて、流行っているのかわかりますね!

実際に筆者もプレイしてますし、世界中でドラゴンボールが愛されているんだなぁと感じます。

来年のEVOもさらに人数が増えて、盛り上がること間違いなしなので是非、やってみることをおすすめします!

さて、熱い試合が繰り広げられたEVO2018での『ドラゴンボールファイターズ』のハイライトと結果をお伝えします。

クウラ参戦発表で会場が大盛り上がり!

クウラ
新たに新キャラがまた発表されましたね!
なんとあのフリーザの兄「クウラ」が登場!会場も大盛り上がりでした!

DRAGON BALL FighterZ: EVO 2018 Trailer | X1, PS4, Steam

「孫悟空(DLC)」と「ベジータ(DLC)」の発表の途中で「hera comes a mighty warrior!」

会場、「うおおおおおおお!!!!」

揺れました。さらにクウラが「俺は弟のように甘くない」と言った瞬間

会場、「うおおおおおおお!!!!」

もうすごかったです!会場の声も相まって発表の瞬間、鳥肌が立ちました。
毎回新キャラ発表の時はすごく盛り上がりますので、必見です!

注目の選手

選手

日本人選手

個人的に筆者が注目しているのは「どぐら」選手です。
僕が思う彼の最大の魅力は「立ち回りの上手さ」「防御精度」ですね。

それは本作にも如実に出ておりまして、劣勢に立たされた時も冷静に相手のペースから切り返し、
逆に自分のペースにするのが非常に上手いと思います。

防御精度に関しても、見ていてハラハラする非常に難しい攻めに対しても、
的確にガードした後に反撃が決まった瞬間は鳥肌が立ちますよ!

試合を見ていて非常に楽しいプレイですね!

海外選手

筆者もそうですが、世界が注目している「SonicFox」選手です。

彼はいい意味で人間じゃありません。それほどの人間性能なのです。

反応速度、操作精度、全てが規格外です!
誰よりも早く、最先端のやりこみをしていて研究も誰よりもしています。
それは戦績からも見てとれます。

あらゆる格ゲーで様々な大会で優勝しています。

「とにかく凄い!」この一言に尽きます。

試合のハイライト

試合のハイライト
ここでは、TOP8のハイライトをお伝えしていきますのでよろしくお願いいたします。

「SonicFox」対「ふぇんりっち」

まずは、ウィナーズセミファイナルから「SonicFox」対「ふぇんりっち」です。

1試合目は「SonicFox」が3人を残して「ふぇんりっち」を撃破。

2試合目は「ふぇんりっち」がバーダック一人で
「SonicFox」のバーダックを落としましたが惜しくも敗北。

2-0で「SonicFox」が一つコマを進めました!

「かずのこ」対「GO1」

次は「かずのこ」対「GO1」です。

1試合目、「かずのこ」が「GO1」のセルを落としますが、体力差もあり「GO1」のバーダックに負け。

2試合目、「GO1」が「かずのこ」の技スカりを見逃さず、撃破。

やはり、「GO1」選手が圧倒的に強い印象でしたね!

「SUPERNOON」対「もけ」

そして、ルーザーズTOP8は、「SUPERNOON」対「もけ」。

1試合目、両者かなり五分の闘いでしたが、最後は「もけ」のトランクスが「SUPERNOON」のベジータを撃破。

2試合目は終始「もけ」が圧倒して勝利。
結果、2-0で「もけ」選手の勝利でしたね。

「KNOWKAMI」対「kubo」

次は「KNOWKAMI」対「kubo」ですね。

1試合目は、序盤は完全に「kubo」優勢でしたが、「KNOWKAMI」のゴクウブラックが粘り勝ち。

2試合目は、1試合目で流れに乗った「KNOWKAMI」が圧倒し、勝利。
2-0で「KNOWKAMI」選手が勝ちました。

ルーザーズクオーターファイナル「かずのこ」対「もけ」

ルーザーズクオーターファイナル1回戦は「かずのこ」対「もけ」です。

1-1にもつれ込みますが、最後は「もけ」が押し切り勝利です。

ルーザーズクオーターファイナル「KNOWKAMI」対「ふぇんりっち」

2回戦は「KNOWKAMI」対「ふぇんりっち」です。

「ふぇんりっち」選手がペースを掴み、冷静に確実にコンボを決め、2-0で勝利。

ウィナーズファイナル「SonicFox」対「GO1」

少し休憩を挟み、ウィナーズファイナル。「SonicFox」対「GO1」です。

1試合目、2試合目では「SonicFox」がペースをつかみ勝利。

3試合目では「GO1」が神龍を発動させ、
減っていた体力を全回復するも、結果にはつながらず。

3-0で「SonicFox」が勝利。

神龍が出現したときは、非常に盛り上がりましたね!

ルーザーズセミファイナル「もけ」対「ふぇんりっち」

ルーザーズセミファイナルは「もけ」対「ふぇんりっち」。

「ふぇんりっち」が8割コンボを決め、圧倒的強さを見せて、2-0で勝利。

ルーザーズファイナル。「GO1」対「ふぇんりっち」

そして、ルーザーズファイナルは「GO1」対「ふぇんりっち」。

「ふぇんりっち」選手が1勝するも、やはり「GO1」選手は強かったですね。

3-1で「GO1」選手が勝利です!

グランドファイナル「GO1」対「SonicFox」

遂に来ました!グランドファイナルです!

ルーザーズは「GO1」、ウィナーズは「SonicFox」ですね。

「GO1」が10割コンボも決めて、終始ペースを握り、まさかの3-0で勝利!

たまらず、流れを切るために「SonicFox」が、1P2Pの位置の交代を希望します。

はたしてこれで流れを切れるのか。

しかしこれで流れは完全に「SonicFox」に行き、次は逆に3-0で「SonicFox」が優勝という結果になりました。

非常に驚きの結果でしたね。

順位表

順位

順位選手
優勝SonicFox(バーダック、ザマス、16号)
準優勝GO1(セル、バーダック、ベジータ)
3位フェンリっち(セル、バーダック、ベジータ)
4位もけ(純粋ブウ、セル、トランクス)
5位タイかずのこ(純粋ブウ、青年悟飯、ヤムチャ)
5位タイ KnowKami(21号、セル、ブラック)
7位タイSupernoon(純粋ブウ、セル、ベジータ)
7位タイkubo(青年悟飯、16号、超サイヤ人悟空)

※黄色は日本の選手です。

まとめ

いかがでしたか?EVO2018!
筆者は非常に楽しめました!ドラゴンボールの世界を疑似体験できたと思います!

そして、感動させてくれた選手の皆さん、並びにスタッフの方々、お疲れ様でした。

TOP8の試合をハイライトでお送りしましたが、全試合アツい試合で、その中でも「GO1」選手と「SonicFox」選手はすごく目立ってました。
完全に「悟空」と「ベジータ」のような存在ですね。

新キャラ発表もありましたし、この先もドラゴンボールファイターズが、どうなっていくか非常に気になりますね!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

コメント