ウイイレを始めて4年でプロになったキュー選手にインタビュー

キュー インタビュー

Zoo Gaming(@zoogaming_tokyo)のウイニングイレブン部門に所属しているキュー選手をご存知でしょうか。

2018年12月8日に行われた【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】にて、福岡在住ということを知ってからすぐに連絡を取り、直接お会いしてインタビューすることが実現しました。

JeSU公認のウイニングイレブンプロライセンス保持者のキュー選手がどのような人物なのか。

  • ウイニングイレブンを始めたきっかけ
  • オンラインCO-OPのコツ
  • プロライセンスを取る前と取った後の変化
  • ウイニングイレブンの次回作への要望

上記で気になるポイントもおさえてインタビューをしたので、1つでも気になる点がありましたら是非ご覧ください。

目次
  1. たまたまテレビを付けたときに見た海外の試合中継でサッカー熱に火がついた!
    1. サッカーを好きになったきっかけは、たまたまテレビを付けたときにやっていた海外サッカーの中継
    2. ウイニングイレブンを始めたきっかけは友人からの誘い
    3. 長期休みがあれば海外へ
    4. ウイニングイレブン以外のゲームはFortniteをプレイ
  2. プロゲーマーに訊く!ウイニングイレブンの苦悩とテクニック
    1. オンライン対戦とオフライン対戦の違いは「リアクション」と「ラグ」
    2. コミュニティはTwitterから
    3. オンラインCO-OPのポイントは球離れ
    4. シリーズが新しくなる時の苦悩について
    5. プレイスタイルはアシスト優先
    6. 練習はやりすぎても集中力がもたない
    7. 練習は上手い人と実戦を繰り返す
    8. 茨城国体でウイイレが採用されたことで地方の大会が増えた
  3. プロライセンス取得前と取得後の変化について
    1. 「超会議2018」は緊張ではなく楽しかった
    2. チームの雰囲気が悪くなった時の対処法は時間を空けること
    3. 海外大会はコンディションを整えることが難しい
    4. 普段通りのプレイをするには「慣れ」と「経験」
    5. 本気で勝ちたいなら上手い人の動画を見て真似をする
    6. ウイニングイレブンの次回作への要望
    7. 勝てない時期をいかに頑張るか
  4. キュー選手の魅力はコミュニケーション能力にあり!

たまたまテレビを付けたときに見た海外の試合中継でサッカー熱に火がついた!

キュー選手

サッカーを好きになったきっかけは、たまたまテレビを付けたときにやっていた海外サッカーの中継

――本日はよろしくお願いします。
データベースを作成する際に、いただいたプロフィール情報を見て中高はテニス部だったことを知ったのですが、サッカー部に入部した時期はなかったのですか?

キュー選手 小学生の頃は、野球部だったんですよ(笑)
サッカーに目覚めたのが、高1の終わりくらいでたまたまテレビを付けたときに、海外サッカーをやっていたんですよ。
アーセナルとかヨーロッパの強豪の試合を観戦して感動しました。

――試合を観戦で特に感動したとこはどこですか?

キュー選手 選手個人のテクニックや、試合全体のスピード感などですかね。

――確かに、試合全体はもちろんですがシュートシーンを見ているだけでも面白いですからね。
好きなチームはどこですか?

キュー選手 戦術的な面で言えば「リヴァプールFC」とかですね。
チーム全体が熱血なところが好きです。

――強豪チームですね!
それをきっかけにサッカー部に入ろうとは思わなかったのですか?

キュー選手 テニス部ではキャプテンもやっていたので、途中で辞めるのは違うなと思いサッカー部には入りませんでした。
その代わり体育の選択の授業では、サッカーを選択したりクラスマッチもガチでサッカー部に混ざって練習をするなどはしていましたね。

――サッカー部に混ざって練習というのはすごいですね!
ちなみに、ポジションはどこだったんですか?

キュー選手 センターフォワードかキーパーをやっていました。
テニスをやっていたから反射神経が良くて、キーパーが向いていましたね。

――テニスの技術が、サッカーでも活かされてたんですね。

ウイニングイレブンを始めたきっかけは友人からの誘い

――海外サッカーの刺激を受けたことにより、サッカーに興味を持ったことで、ウイイレを始めたんですか?

キュー選手 そうですね。
大学生になってからもサッカーを見ることがすごく好きで、よく観戦していました。
そこで、友達がたまたまPSP版のウイイレを持っていて、誘われたのでやり始めました。
そこから、どハマりしてPS4も買って今に至ります。

――ということは、ウイイレ歴はそこまで長くないのですか?

キュー選手 今年(2018年)で4年目ですね。

――そんな短期間でプロライセンス取れるとは、才能を感じます!

キュー選手 自分は、一度ハマると、とことんやるんですよ。
高校の時も友達と麻雀して、そこからハマって夜通しやってましたね(笑)

――夜通しはすごいですね(笑)

長期休みがあれば海外へ

――海外留学経験があるということですが、海外には結構行かれるんですか?

キュー選手 10回くらい行ってますね。
長期休みがある度に海外に行こうと思って行ってました。

――かなり行ってますね!
ちなみにどこの国へ行かれたんですか?

キュー選手 タイ、ドイツ、イギリス(ケンブリッジ)、アメリカ(シリコンバレー、イリノイ)、韓国などに留学で行きましたね。

――色々な国に行かれたんですね。
日本から出たことのない自分にとって、未知の世界です(笑)

ウイニングイレブン以外のゲームはFortniteをプレイ


――今、ウイイレ以外でプレイしているゲームなどありますか?

キュー選手 今は『Fortnite』やっています。
あれは楽しいですね。

――おお!TPS(三人称視点シューティングゲーム)もされるんですね!
無料で遊べますし、気楽に遊べるのが良いですね。

プロゲーマーに訊く!ウイニングイレブンの苦悩とテクニック

キュー選手

オンライン対戦とオフライン対戦の違いは「リアクション」と「ラグ」

――ウイイレには、オンライン対戦とオフライン対戦がありますが、プレイするうえで違いなどありますか?

キュー選手 やはり、目の前に相手がいるか、いないかだと思います。
オフラインなどで、隣同士にいると相手のリアクションが伝わってきます。
あと、オフラインでもたくさん接続するとラグがでる場合もあります。

コミュニティはTwitterから

――一緒にプレイする人たちのコミュニティはどのようにして生まれていますか?

キュー選手 主にTwitterですね。
DMでやりとりしてますね。

――ゲームのコミュニティ作りに、Twitterは相性が良さそうですね。

オンラインCO-OPのポイントは球離れ

――オンラインCO-OPと呼ばれる3対3の協力プレイがありますが、協力プレイの際に気を付けるべき点などありますか?

キュー選手 球離れを良くすることですね。
ボールを持ち続けるとプレスが厳しいので、ワンタッチ、ツータッチで流動的にプレイすることが大事ですね。

――なるほど。
しっかりパス回しをして、試合の流れの展開を作っていくんですね。

シリーズが新しくなる時の苦悩について

――ウイイレは毎年発売されますが、シリーズが変わって苦労していることなどありますか?

キュー選手 シリーズが変わると最初は成績悪いですね。
プレイしていって、だんだん良くなっていく感じです。
10年とかシリーズをずっとプレイされている方だと基礎ができているので、変化に対応しやすいと思うのですが、経験が浅いと仕様変化に特化して練習するので、基礎の部分で若干苦労しますね。

――プレイ経験で差が生まれてくるんですね。

キュー選手 自分の場合は、パスが得意なので『ウイイレ2018』などパスの強いシリーズの時は自分にあっていたのですが、『ウイイレ2019』はパスが若干弱くなっているので、慣れるまでに時間が少しかかりましたね。

――慣れるための練習はどのようなことをしていますか?

キュー選手 上手い人の動画を見て真似したり、色々な人の意見を聞いて取り入れていく感じですね。

プレイスタイルはアシスト優先

――他の選手には負けない、自分自身の強みや長所を教えてください。

キュー選手 CO-OPプレイの際、ゴール前ではみんなシュートをしたいと思うのですが、自分の場合はアシストを優先するとこですかね。
「味方を活かすプレイ」などを意識しています。
あと、ボールを持っていないときに、どこのポジションにいればチームとして助かるか、など考えていますね。

――監督に近い考えですね。

キュー選手 そうですね。
戦術論とかが好きなので。

練習はやりすぎても集中力がもたない

――ウイイレは普段どのくらい練習しているんですか?

キュー選手 普段は2、3時間とかですかね。

――大会前になるともっと増えますか?

キュー選手 大会前でも4時間とかです。
あんまりやりすぎると、集中力がもたないんですよね。
集中してやる時間と、休憩する時間を作っていますね。

――勉強も同じですが、集中力が切れた状態でやり続けても良い結果になりませんからね。

練習は上手い人と実戦を繰り返す

――練習する時は、どのようなことをしているんですか?

キュー選手 基本は上手い人とフレンドリーマッチですね。
あとは配信して強い人が来てくれるのを待つ感じですね。

――実戦で経験を積んでいくんですね。
対人戦で得るものは大きいですからね。

茨城国体でウイイレが採用されたことで地方の大会が増えた


――FPS(一人称視点シューティングゲーム)や格闘ゲームの大会はよく耳にするのですが、ウイイレの大会も増えてきてるんですか?

キュー選手 去年(2017)年に比べて今年(2018年)は、かなり増えましたね。
茨城国体にウイイレが採用されたことがきっかけで、地方での大会が増えています。
毎週末、大会やイベントがありますね。

――なるほど。
地方大会が増えるのは、参加できる人が増えて良いことですね。

プロライセンス取得前と取得後の変化について

――プロライセンス取得前と取得後の変化はありましたか?

キュー選手 結構変わりましたね。
イベントや大会に呼んでいただける機会が増えましたね。

――イベントは見る側ではなく、出る側になったんですね。
それは大きな変化ですね。

「超会議2018」は緊張ではなく楽しかった

超会議2018
――プロライセンスを取るきっかけとなった「超会議2018」は普段の大会と違った緊張などはありましたか?

キュー選手 緊張というよりは楽しかったですね。
大会は協力プレイで行われたんですけど、仲間がいるので得点が入った時とか盛り上がるんですよ。

――逆に協力プレイだから起きる、ギスギスする場面などありますか?

キュー選手 負けが続くと雰囲気が悪くなりますね。

チームの雰囲気が悪くなった時の対処法は時間を空けること

――チームでプレイするからこそ避けられないことですね。
雰囲気が悪くなった時の対処法などありますか?

キュー選手 時間を空けることですかね。
いったんウイイレから離れて、冷静になる時間を作ります。
でも、負けることにも意味があると思うんですよね。

――負けることは、ネガティブな面だけではないということですね。
例えばどういうことでしょうか?

キュー選手 負けないと悪い点が見えてこないです。
勝ち続けると、だんだん雑になってきてしまうんですよ。
ですので、負けないと逆に成長しないのではないかと思います。

――確かに勝ったときは喜びはありますが、あまり試合を振り返りませんね。
負けたときは、どこが悪かったか話し合ったりプレイを見返したりするので、そのあたりで成長するかどうか決まってきそうですね。

海外大会はコンディションを整えることが難しい

――国内の大会と海外の大会で雰囲気が違うと思いますが、海外大会で大変だったことはありますか?

キュー選手 まず、コンディション整えるのが難しいですね。
最初の世界大会がアルゼンチンだったのですが、日本とは真逆で移動だけで30時間かかりました。
さらに時差も真逆で、メンバーも体調を崩すなどありましたね。

――自分は国内の移動でも体調崩しますけど、移動が30時間で時差も真逆となると体調を崩す条件が完全に整ってますね(笑)

キュー選手 そうですね(笑)
アルゼンチンについて、2日後が試合でした。
普段通りで挑もうとはしていたのですが、普段通りにはいかなかったですね。

キュー選手
――大きな環境の変化というのは、どのようなことがありましたか?

キュー選手 得点が入った時の歓声や会場の雰囲気など、国内とは全然違います。
叫び声とか、ライトがかなり光ってたりとか、日本とは全然違うところが多いですね。

――海外サッカー見ていてもサポーターの盛り上がり方が違いますからね。
それと同じなんですね。

普段通りのプレイをするには「慣れ」と「経験」

――落ち着いて普段通りのプレイをする為に心がけていることってありますか?

キュー選手 慣れと経験だと思います。
大会を重ねて行くことで、緊張から楽しさに変化します。

――試合前などに心を落ち着かせるために何かやっていますか?

キュー選手 音楽を聞いてリラックスしたり、体を動かしたりしてます。
あと、自分の場合は目薬をさしたりしますね。
目薬をさすのはルーティンにしています。

――【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】でも目薬さしてましたね!
確かに、ルーティンがあると心を落ち着かせることができますからね。

本気で勝ちたいなら上手い人の動画を見て真似をする

――僕はオンライン対戦していて5連敗とかあるのですが、僕みたいに全然勝てない人でも諦めない為に勝つ為のアドバイスお願いします。

キュー選手 本気で勝ちたいなら、上手い人が「勝ち方の動画」を上げているので動画を見て、真似をすることから始めたら良いと思います。

――さっそく帰ったらやってみます!

ウイニングイレブンの次回作への要望

――次のシリーズで変更してほしい点や要望などありますか?

キュー選手 まず大会を広げる為に変更してほしいところなんですが、現状はフレンドリーマッチでは選手の「調子」がランダムでしかできないんですよ。

ですので、大会用に「調子」を全員「普通」に統一できるようにしてほしいですね。

あと、大会用のモードでもフレンドと一緒にプレイできるようにしてほしいです。

KONAMIさんよろしくお願いします!(笑)

――是非KONAMIさんよろしくお願いします!(笑)

勝てない時期をいかに頑張るか

――ウイイレはスマホアプリをプレイしている方も増えてきて、今後大会なども増えてくると思います。
そこで「これからウイイレを始めてみよう」と思っている方にメッセージをお願いします。

キュー選手 最初は勝てないと思うんですよ。
負けるとやっぱり楽しくないので、最初のうちは大変だと思います。
ですので「勝てない時期をいかに頑張るか」が大事です。
その先に「楽しさ」が待っています!

――勝てない時期を乗り越えて、是非多くの方にウイイレの魅力を知ってもらいたいですね。
本日はありがとうございました。

キュー選手の魅力はコミュニケーション能力にあり!

キュー選手
とてもフレンドリーな方で、話していて明るくて社交的な方ということがとてもよく分かりました。

インタビューをしていて、プライベートでも一緒にウイイレをやってみたい!と感じました。

また試合に勝つということは、チームプレイが必要なタイトルでは、個人の力だけではどうにもなりません。

得点を決めることは勝つ為に重要になってきますが、キュー選手のようにサポートをしてくれる人がいるからこそ得点が生まれます。

さらに技術だけではなく、コミュニケーション能力や戦術を考えることができる選手が必要です。

ウイイレを始めて4年でプロになれたのは、もちろん努力もあると思いますが、海外に10回も行けるようなアクティブな行動力とコミュニケーション能力があったからこそだと思いました。

そして、負けた時をネガティブに捉えるのではなく、そこから学ぶことの必要性を知ることができました。

今後のキュー選手の活躍に目が離せませんね!

キュー選手のデータベースはこちらから。

キュー【Zoo Gaming】
選手名 キュー 本名 - ...

キュー選手が活躍された【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】のレポート記事はこちらから。

【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】ゲーム大会のあるべき姿がここにあり!福岡eスポーツ協会の中島会長が今大会で感じたeスポーツの変化とは
2018年12月8日に‪福岡で開催された【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】に行ってきました。 会場は海が近いこともあり、肌寒さを感じます。 受付...

コメント