【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】ウイニングイレブン部門の優勝者へ緊急インタビュー!初大会にして見事プロゲーマーを破った選手「初心者」とは何者なのか?

初心者選手 インタビュー

【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】ウイニングイレブン部門で優勝された「初心者」選手に、メールインタビューという形でお話を聞くことができました。

ちなみに、ゲームの初心者が優勝したという訳ではなく「初心者」という名前で選手としてエントリーされたのが「初心者」選手です。

「初心者」選手(@chip_star_919)にとって初めての大会参加ということもあり、優勝をしたときの心境や「初心者」という会場をざわつかせた名前でエントリーした理由など大会で筆者が気になったことを聞いてみました。

ちなみに普段は「ちっぷ」という名前で活動しているそうです。

大会デビュー戦で優勝を勝ち取った「初心者」とは何者?その正体とは

初心者選手

シロー選手(左)初心者選手(右)

――【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】が初出場とのことですが、なぜこれまで大会に参加されなかったのでしょうか?

初心者 オフライン大会に参加してみたい気持ちは前からあったのですが、住んでいる広島からだと少し遠いから断念するというのが多かったですね。

――今回【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】に参加しようと思ったのはどうしてですか?

初心者 福岡在住のプロゲーマーであるキューさんと仲良くさせて頂いており、今回のイベントがあることを聞きました。
また、全国からプロゲーマーが多数参加することやTwitterなどで絡みのある猛者の方々も行くと言っていたので、自分の実力を試す良い経験になると思い参加してみました。

「初心者」で大会にエントリーした理由とは?

――会場の皆さんはエントリーの名前に驚かれていましたが、今回「初心者」という名前で登録した経緯を教えて下さい。

初心者 ウイイレにはマイクラブと言って好きな選手を集めて自由にスタメンを組んで対戦するモードがあるのですが、そこでの自分のチーム名を「初心者」という名前でやってるのでその名前で参加しました。
まかさ優勝するとは思ってなかったので、この名前でエントリーした事が少し恥ずかしいです(笑)

――実際に大会に参加してみて、会場の雰囲気などで感じたことなどはありましたか。

初心者 高校や大学の知り合いでウイイレをやっている人があまりいなかったので、横に座って1つの画面で対戦するという経験はとても新鮮に感じました。
オンラインでは淡々と試合をしてましたが、オフライン大会だとワンプレーごとに対戦相手や周りで観戦している方々のリアクションなども見る事が出来て、すごく盛り上がりました。また、今回老若男女様々な方が参加していて性別や年齢関係無く誰でも同じ土俵で勝負することが出来るのが、eスポーツの魅力だと改めて感じました。

優勝発表で自分の名が呼ばれたとき「喜びよりもマジか…」という心境だった

――初めての大会での優勝という結果を残しましたが、今のお気持ちをお聞かせください。

初心者 まさか大会初出場でこのような結果になるなんて思ってもいなかったので、優勝が決まった時は喜びよりも先にマジか・・・って思ってしまいましたね。
表彰式の後、一緒に参加したプレイヤーや観戦していた方からおめでとうと声を掛けて頂くうちに少しずつ実感が湧いてきて、すごく嬉しかったです。

――大会の前日は緊張しませんでしたか。

初心者 大会前日はそこまで緊張していませんでしたね。
緊張よりもワクワクの方が大きかったと思います。
福岡の美味しいものや名所などを調べたりしてました。

――大会の当日はいつも通りの試合ができましたか。

初心者 当日の予選はとても緊張しました。緊張と武者震いと当日の寒さで朝からずっと震えてました。
受付でカイロが貰えていなかったら今回優勝は無かったと思います。
予選ではなかなか思うようにプレーする事が出来なかったのですが、決勝トーナメントに上がってからは落ち着いてプレーすることが出来て、いつも通りの力が出せたと思います。

普段とは違うオフラインという環境にも臨機応変に対応できる「初心者」選手

――オンラインとオフラインでの試合の違いはどう感じましたか。

初心者 今までオンラインしかやってこなかったので、対戦しているプレイヤーが横にいるという事に多少やりづらさを感じました。
また、予選の時ですが、動きがもっさりとしていて、いつも通りのプレーは出来ないと思い戦い方を変えてみたりもしましたね。

――ゲームタイトルのシリーズが変わる時に苦労することはありますか。

初心者 シリーズ事にゲームスピードや選手の動き、強い技弱い技、パスの軌道など細かく変わっているので、前作と比べて変わったところを見つけるのは大変ですね。
それも楽しいんですけどね。

――他のプレイヤーに負けない初心者選手の強み・長所を教えて下さい

初心者 昔からパスサッカーを主体とした試合をずっとやってきたのでパスと視野の広さには自信があります。
味方と敵の位置を瞬時に把握しどういうパスをすれば崩せるかを常に考えながらプレーしています。

日々の練習や動画研究などの努力が実を結んだ結果

――普段はどのくらい練習していますか。

初心者 基本夜に予定が入ってない時はウイイレをやるようにしています。
時間は日によっては変わってくるんですが、2時間から3時間程度ですかね。
休日は時間とかは特に決めず疲れるまでやってます(笑)
また1vs1の他にも3vs3のCOOPモードや11vs11のチームプレーモードの練習もしています。

――どのような練習をしていますか。

初心者 自分が上手くいかなかったと思った試合は全て録画して後で見返し、何が原因で失点したのか、どうすれば防げたのかを考えるようにしています。
また、YouTubeやTwitterなどに動画を上げている方がいるので、自分に吸収できるものは無いかと動画を見て研究しています。

――来年(2019年)は茨城国体にウイイレが選ばれていますが予選に出場しますか。

初心者 まだ出るか出ないかは決めていないんですが、人が集まれば出場してみたいですね。
3vs3で自分がどれくらい戦えるのか、すごくワクワクします。

強くなる一番の近道は強い人と実戦することと試合を見直すこと

――最後に、これからウイイレを始めるユーザーにアドバイスとメッセージをお願いします。

初心者 強くなる一番の近道は強い人と実際に戦ってみることだと思います。
それだけで多くのことを吸収出来ます。
ビデオクリップ機能を使って自分の試合を何度も見直してみてください。
僕自身昔は10試合やって1回か2回しか勝てませんでしたが、強い人と試合をしてボールの持ち方や組み立ての仕方を真似していくうちに勝てるようになっていきました。
また、分からない事はどんどん聞いてみましょう。
優しい方は全部答えてくれると思います。
あとは、オンラインをするなら有線接続でやりましょうね!

――初大会にして優勝というドラマを見せていただき感動しました!
本日はありがとうございました!

まとめ

筆者は【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】のウイニングイレブンの試合を観戦して、大会の面白さを改めて知ることができました。

なぜならば、それは誰が勝つのか最後まで分からないということを目の当たりにしたからです。

様々な大会に参加して優勝などの実績のあるプロ選手が必ずしも優勝するわけではなく、大会未経験者が初めての大会で優勝してしまうのですから。

今後の「初心者」選手の活躍には目が離せません!

筆者も今回の大会で、すっかり「初心者」選手のファンになりました!

「初心者」選手の活躍に乞うご期待!

「初心者」選手が【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】で大活躍した記事はこちらから。

【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】ゲーム大会のあるべき姿がここにあり!福岡eスポーツ協会の中島会長が今大会で感じたeスポーツの変化とは
2018年12月8日に‪福岡で開催された【第1回ももち浜eスポーツ選手権大会】に行ってきました。 会場は海が近いこともあり、肌寒さを感じます。 受付...

コメント